ハンドメイド人

手芸・料理・DIYなど手作りに役立つ話題や作り方・モノを紹介

健康 手作り化粧品 美容

キッチンで作れる脱毛剤「脱毛豆乳ローション」の作り方

投稿日:2014年1月2日 更新日:

キッチンで作れる天然「手作り脱毛ローション」

むだ毛は、いつの世も女性の悩み・・・。
夏はもちろんこまめに気にしたりするけど、それでもすぐ生えてきちゃうので本当に悩ましいです。
冬なると既婚の私なんて、油断だらけなので気がついたら!!!!「あぁ~」
なんとか、生えなくしたいんですよね。
せめて薄くなるだけでもいいのです。

脱毛ローション
ということで、今回は、自宅で作れる脱毛ローションについてです。
何年も前に、すごく話題になった時期があって、本を買ったことがあるんです。
今では、中古の本しか手に入らなそうですね。

ムダ毛が消える「豆乳ローション」 (Makino mook)

最近、また話題になってきたので、思い出して作りたいと思い、備忘録として記録しておきます。

むだ毛を目立たなくする効果があるということで、話題の豆乳ローションですが、実はお家でも身近な材料で、作ることができます。

こちらで紹介させていただくのは、以下の3つの材料でつくることができます。

  • レモン
  • 成分無調整豆乳
  • 消毒用エタノール
  • ■豆乳ローションはなぜ脱毛に効くの?

    豆乳ローションの脱毛効果は大豆イソフラボンによります。

    ムダ毛は男性ホルモンが増えると成長しやすくなり、女性ホルモンにより成長を抑えられます。

    大豆イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをします。

    大豆イソフラボンの女性ホルモンに似た働きにより、
    男性ホルモンの働きを抑制し、ムダ毛が生えるのを押さえるわけです。

    さらに、
    化学合成したエストロゲンは過剰に取り込むと発ガン性が高まってしまうのですが、大豆イソフラボンは化学合成したエストロゲンと違い、ムダ毛の成長を抑える効果があるにもかかわらず、副作用もほとんどありません。

    豆乳ローションをつけると体毛(ムダ毛)が減るのはなぜか。

    そもそも体毛の大元は毛穴の1番深い部分にある毛を作る細胞です。

    豆乳ローションには大豆イソフラボンが含まれているので、大豆イソフラボンによってその体毛を作る細胞の働きを抑えるというわけです。

    その結果、ムダ毛の成長が遅くなる、衰えることがムダ毛の抑制に繋がるわけです。

    豆乳ローションを使い続けると しだいに体毛(ムダ毛)が細くなり毛の張りも弱くなっていきます。

    また、体毛のメラニン色素をつくるメラノサイト細胞の働きも抑えるので体毛の色も薄く目立たなくなります。

    ■豆乳ローションの作り方

    材料

    無調整豆乳…200ml
    レモン…1/2個
    消毒用エタノール…20ml(脂性肌は多めに、乾燥肌は少なめに)

    lemons

    1. 豆乳を小鍋に入れ、弱火にかける

    かき混ぜながら温めます。温度が上がり過ぎると有効成分が壊れるので、膜(湯葉)が出来ないように注意。

    2. 60度~70度になったら火からおろす

    火からおろしたら、レモンを絞り、エタノールを入れ、よくかき混ぜてそのまま5分放置する。すぐにヨーグルトのように分離します。

    3. ざるに「コットンタオル」「キッチンペーパー2枚」の順に重ねる

    そのざるをボウルに重ね、できたものを流し入れます。

    4. 「コットンタオル」「キッチンペーパー」を閉じて持って搾る

    急激に搾るとコットンタオルが破けるので少しずつ慎重に。

    5. 清潔な容器に移し、冷蔵庫で保存する

    容器は雑菌の混入が抑えられるのでスプレー容器がオススメ。粗熱がとれたら冷蔵庫へ。冷蔵で1ヶ月、冷凍で半年保存可能です。(使用するときは冷蔵庫内で徐々に解凍しましょう)

    参考にさせていただいたページはこちら

    販売されているものもあります。
    ムダ毛処理ローション

    ■豆乳ローションの使い方

  • おふろあがりなど入浴後のきれいで清潔な肌に使用してください。
  • 朝晩1回会ずつ使用すると効果的です。
  • 気になるところにたっぷりつけます。
  • コットンなどによく含ませ、気になる部分に10分ほど放置します。
  • 全身使用OKです。
  • 広告

    広告

    -健康, 手作り化粧品, 美容
    -, , ,

    執筆者:

    関連記事

    ごぼう茶

    話題のごぼう茶を飲んだら、冷え性が解消。ごぼう茶を作ろう!

    ごぼう茶の力っていうか、ごぼうの力。 ごぼう茶がすごく話題ですね。 「若返りの妙薬」として、南雲吉則医師 がご自身で体現なさっているので、すごく説得力があります。 私は数年前に、南雲先生の書籍を読んで …

    小豆カイロの作り方 ミニサイズ

    小豆カイロの作り方「手のひらサイズ」 ハガキと余り布で簡単手作り。

    寒い季節になってきました。寒くなると小豆カイロの作り方で検索して訪問してくださる方がいるので嬉しいです。 今日は手のひらサイズの小豆カイロを手縫いで作ってみました。作り方を掲載していますので、興味のあ …

    ゆずの種を使った天然化粧水の作り方。簡単で保湿効果抜群

    ■ゆずの種で手作り化粧水。簡単で保湿効果抜群 ゆずの香りに癒される季節ですね。 ゆずの皮は、ジャムやお料理の香りづけ、お風呂に浮かべるなど大活躍です。 実は、皮だけでなく「種」にもすごい力があるんです …

    みかんの皮 入浴剤

    みかんの皮には、美肌や免疫力アップの栄養がいっぱい。

    みかんの皮の効能 みかんの皮には、ポリフェノール(ビタミンPのヘスペリジン)がたっぷり含まれています。 その効能は、 毛細血管を丈夫にする働きがある。 血圧上昇の抑制 血中中性脂肪の分解 ビタミンCは …

    no image

    甘酒は必須アミノ酸を最多に含む天然飲物

    ■米麹を発酵させた甘酒 「甘酒」米麹を発酵させたものです。 甘酒は酒という字が付いていますが、アルコールは一切含まれていません。 ここでいう甘酒は「麹を発酵させて作ったもの」をいいます。 他に、酒の粕 …

    TWITTER

    広告